難関な学部に合格したい

日本の大学の学部の中でも超難関といわれているのは、「医学部」になります。そのため、医学部を受験する人はもう勉強して挑まなければいけません。そのために欠かせない場所といえば、医学部予備校になります。

医学部に合格するのが難しい理由をご紹介

  • 人の体について勉強するので、専門的な知識が必要になる
  • 頭の回転率がよくないと勉強についていけなくなる
  • 受験者が多いのでたった1点の差で不合格になることがある
  • 医学部予備校の選択を間違えると合格しにくくなる
  • 医師になると生活に困りにくくなるので、目指す人が多い
  • 有名な私立大の医学部が学費を値下げしているので受験を受けやすくなった
  • 一度医師の資格を得られたら、最長で70歳まで働くことができる
  • 受験する人が増えたことでどこの大学の医学部も試験の難易度が上がっている
  • 医学部に合格するまでの道のりが長い
  • 人の命を預かる仕事に就くことになるので、難関なのは当たり前

年々難易度が高くなっている

医学部は上記の理由などで年々難易度が高くなってきています。難易度が高くなっていることから、医学部予備校を選ぶときもどこがいいのか吟味して探す必要があるといえるでしょう。

医学部予備校の選び方で重要なのは「合格率」

勉強

医学部予備校の探し方

医学部に合格するために通う医学部予備校は、名古屋などに多くあります。そのため、どこへ行けばいいのか悩む人も多いことでしょう。そういったときは、医学部予備校の合格率を確認してみてください。合格率とは、その予備校に通った生徒がどれだけ医学部に合格しているのかを示す数字になります。

合格率が高いほど有利?

合格率を確認するとなれば、高ければ高いほど有利になると思うでしょう。しかし、合格率だけで選んでしまうと自分に合っていない予備校の可能性があります。合格率とともに確認してほしいのは、講師の実績やどこの医学部に合格している人が多いのかも確認しましょう。この3点を確認するだけでも、医学部の合格に近付きやすくなります。

見学や資料請求が大事

名古屋だけでもたくさんある医学部予備校から自分が通うところを見つけるとなれば、見学や資料請求を行なうことが大事です。見学することは、どういった雰囲気で行なっているのか、講師の教え方はどんな感じなのかを実際に目で見て確認することができます。資料請求することは、合格率やどういった方針で行なっているのかを知れるようになります。

医学部予備校に通えば必ず合格できる?気になる疑問点をまとめてみた

医学部予備校に通うだけで合格は確実になりますか?

合格できるかどうかは本人次第なので、医学部予備校に通うだけで合格することはあり得ません。それに、通う本人が「合格したい」という意志が強くなければ、超難関の医学部に合格することは不可能といえるでしょう。

予備校に入るのに受験があると聞きました

医学部予備校によっては、入る前に適性試験があるところもあります。もし、この試験の成績が悪かった場合、予備校に入ることもできないので事前に確認しておいたほうがよいでしょう。

浪人しました。それでも予備校に通えますか?

医学部予備校には、浪人生がたくさんいます。それほど医学部は難易度が高いところなので特に問題なく通うことができます。それに、浪人生同士で情報交換できたりするので、次の受験で有利な情報を得られる可能性もあります。

途中でやめたいときはどうしたらいいですか?

もし医学部を目指せなくなったときは、それぞれの医学部予備校の退校手続きにそって行なってください。また、一括で授業料を支払っている場合は、返金手続きを行なう必要があるので予備校の指示に従って行なうようにしてください。

医学部予備校の雰囲気は異様だと聞きましたが…

そんなことはありません。確かに超難関の学部を受験するので、一人ひとりの意気込みは違うかもしれません。しかし、昔のような異様な雰囲気がある予備校は今ほとんどないので、勉強しやすい環境が整っています。