中学受験を行うのなら個別指導塾がおすすめ

中学受験に失敗したくない!そんなときは個別指導塾へ

最近増えてきた中学受験

今は学歴社会ではないといわれていますが、最近の企業はどこも学歴を重視しているともいわれています。そのため、中学から受験を受けさせて将来いい大学へ行かせようという親が増えたことで、中学受験を受ける子どもが増えてきています。

中学受験を失敗させない方法をご紹介!

no.1

個別指導塾で勉強する

個別指導塾は、家庭教師と違って塾でマンツーマンで勉強を教えてもらうことができます。そのため、家とは違う緊張感を持ちながら中学受験に受かるための勉強を行なえるようになっています。また、近くに別の生徒がいるというのも競争心を持ち勉強に対して意欲を出しやすくなります。

no.2

同じ教室で習う塾

一般的な塾に通わせるのも、他の生徒に対して競争心を持てるようになり勉強に意欲を出しやすくなるのでおすすめです。ただし、これは人に負けたくないという気持ちが強い子のみです。子どもの性格に合わせて通わせるかどうかを決めたほうがよいでしょう。

no.3

家で教えてもらう家庭教師

周りに人がいると気が散って勉強がしにくいという子どもなら自宅で勉強を教えてもらえる家庭教師がおすすめです。自宅で勉強できるという安心感と家庭教師とマンツーマンで勉強するという緊張感を持てるので、勉強がはかどりやすくなります。

no.4

自習させられる環境を

個別指導塾や家庭教師などで勉強を教えてもらうにしても、やはり自ら勉強するという意思を強く持たなければいけません。特に中学受験は、遊びたい気持ちを抑えて勉強しなければいけないので、嫌がりながら勉強させないように自習したくなるような環境作りが大切です。

no.5

強制しないことが大事

中学受験のために勉強することは、強制にしてはいけません。強制的に勉強をさせてしまうと子どもによって強いストレスを感じるようになります。勉強に対してストレスを感じてしまうようになれば、学校や塾などに行くだけで体調不良を訴えるようになるので強制を行なわないようにしましょう。

中学受験を行うのなら個別指導塾がおすすめ

生徒

一番良いのは個別指導塾

一般的な塾よりも個別指導塾のほうが通っている子どもが増えてきています。なぜなら個別指導塾だと通いながら、講師とマンツーマンで勉強を教えてもらえるからです。子どもにとって環境を変えて勉強することは、緊張感を持てるので集中しやすくなります。また、マンツーマンなので分からないところを徹底的に教えてもらえるというのも中学受験に合格しやすい秘訣ともいえます。

苦手科目を徹底的に

個別指導塾の場合、中学受験の対策と同時に苦手科目を徹底的に教えてもらうことができます。学校や一般的な塾だと複数の生徒と一緒に学んでいくので、わからなくてもどんどん授業は進んでいきます。しかし、個別指導塾の場合は、つまづいた部分を生徒が分かるまで講師が教えるので苦手でも克服しやすい環境が整っています。

受験対策がしやすい

中学受験は、小学校で習ってきたことだけで合格できるほど簡単なものではありません。そのため、塾などに通わずに中学受験に挑むことは失敗する可能性が高いのです。しかし、個別指導塾などに行けば中学受験の対策ができる環境が整っています。それに、過去に出題された問題などを参考にしたテキスト集もあるので、徹底的に受験を受けられる体制を整えやすくなっています。

ライバルを作れる

子どもの性格によっては、ライバルがいたほうが中学受験に合格したいという気持ちが強くなる子もいます。個別指導塾では、そういった子どもが多く通っています。マンツーマンで教えてもらえる環境が整っているといっても、同じ空間に生徒がいるのでどういった勉強を行なっているのか知ることができます。そのため、近くにいる子どもの情報などを得られやすいのでライバル心が出て勉強に意欲を出しやすくなります。

さまざまな地域に増えてきている個別指導塾

中学受験の対策を行ないたいのなら、個別指導塾に通わせるのが一番だと思います。最近は、岡山や尼崎などさまざまな地域に個別指導塾が増えてきているので、中学受験しようと思っているのならぜひ探してみてください。